施行錯誤が大事

広告 チラシを効果的に行うためにいろいろと試行錯誤されているかと思います。
その中で結果が出ないということで、チラシを辞めてしまったなんて方もいるかもしれま
せんが、結果として辞めてしまってからの売上は落ち込んではいないでしょうか。

事実、チラシの効果を軽くみてチラシを辞めたものの、結局チラシを出すように戻ったと
いう例は、大手チェーン店でもあります。
チラシの効果が無いのはデザインが悪かったり、掲載している内容が悪かったりなど理由
は他にあるのに、ただ単にそういったことを考えずに無駄と判断してしまう人がいるんで
すよね。

実際に無駄だったとしたら、昔からチラシが無くならずにここまで活用されているでしょ
うか。
無駄であればとっくに業界が無くなっていてもおかしくはないはずです。

ただ広告 チラシは今は多くの会社などが行っている宣伝方法になっているため、工夫を
凝らさなければ埋没してしまうこともあるのです。
施行錯誤を行っていかなければ、効果が出ないようになっているのは飽和状態にあるとい
うことでもありますから、他とは違ったことも考えて行かなければいけないということで
す。

PDCAサイクルなどを使って毎回、試行錯誤を繰り返していくことが大事なのです。

広告チラシで知名度アップ

広告 チラシを使って集客して、売り上げをあげるという方法は昔から行われてきました。
実際に私がチラシを作って集客をした限りで言うと、チラシにかけた費用に対してチラシ
を出す前と出した後では、たしかに売り上げは違うものの、実際にチラシ費用を上回るだ
けの利益は出したことがありません。

そう考えるとチラシを出しても経費のほうが上回り、そのぶん赤字になるのでは?
と考えられますが、実際のところはチラシを出した時だけ売上が上がるという効果を狙っ
ているわけではなく、知名度アップに繋がり、お店を知って貰うことが要因にもあります
ので、継続的にチラシを出していくことで、徐々にチラシを出していない日の売上もあが
っていきます。

もちろん、お客様には、また来たいと思わせる魅力あるお店作り、従業員の接客なども必
要な要素ですから、チラシだけで売上があがるわけではありません。
来店するきっかけを作ってあげるわけです。

また、来店したことがある人でも何回も何回も通ってくれるわけではありませんので、チ
ラシを見て、また来店に繋がるようにしていくわけです。
もちろん、そのチラシで来店に繋がらなくとも、広告チラシに目を通してくれることで、
その人の中で知名度は少なからず上がりますから、お店で扱っている商品がほしいと思っ
た時が来たら、チラシを継続的に入れているお店に足を運んでくれる確率が高くなるわけです。

ネットじゃ出来ない広告チラシ

広告 チラシにかける費用というのは新聞折込などは年々下がってきているとされていま
す。

ほとんどの場合は、テレビもそうですし新聞も広告費がどんどん落ち込んできているのが
現状です。
唯一伸びているのがインターネット広告ぐらいで、他は軒並み下がっているという結果が
出ているのです。

スマートフォンの普及が加速している中、誰もが目を通すことの多くなったネットでの広
告費が伸びるのは当たり前と言えば当たり前かもしれませんね。
アメリカではすでにテレビ広告よりもネット広告にかける費用のほうが上回っているそう
です。

しかし、ネットだけでは宣伝が出来ない分野もあります。
例えば地方のお店では、お店に来店して貰って買い物をして貰うという場合、ネットで販
売していなければネット広告を出しても集客に結び付かせるのは難しいでしょう。
ネット広告は広範囲に宣伝をするため、お店の商圏に絞ることが出来ないからです。

そうなるとホームページなどでお店の紹介はしたとしても、わざわざネットで広告だす効
果というものは無いに等しいわけです。

ですから広告 チラシは必要であり、まだまだ活用していく必要があるのです。
紙の力は、配布方法をいろいろ選択できるところにも強みがあるのではないでしょうか。

広告チラシの配布方法

広告 チラシはどうやって配るのが効果が高いかということはいつも考えているのではないでしょうか。

エリアを変えて見たり、新聞折込だけでなくポスティング業者を使ったり、フリーペーパーを使ったりといろいろ考えているかと思います。
いろいろ効果を考えて行っている方は、使い分けが出来ているのではないでしょうか。

ターゲットを考えるとおのずとどんな配布方法が良いのか考えることが出来ます。
若い方の場合で一人暮らしなどの場合には、新聞折込では届かない可能性が高いですよね。
新聞は昔と違って、購読数が減ってきている為に特に若い方は新聞を購読していない可能性が高くなります。
そうなると可能性で考えるのであればフリーペーパーやポスティングのほうが手元に届きやすいとも言えます。

しかしながらフリーペーパーやポスティングはポストに直接入れられることから、すぐに邪魔扱いされて捨てられる可能性もあるので、高齢な方などをターゲットにする場合には新聞折込が向いているといえるでしょう。

このように考えると使い分けも出来てくると思います。
広告 チラシを作っても最終的にはその情報が欲しい人に届かなければ意味がありません。
配布方法にもこだわってみることが大事ですね。

価格とサービスのバランス

売上を上げる方法は2種類ありますよね。
客単価を上げる方法、客数を上げる方法という2種類になりますが、客単価があがるということはそのお客様に
かけられるサービスの質をあげることが出来ます。
客数が増えるということは多くのお客様の対応をしないといけませんから、サービスの質は下がるという
ことになりますね。
広告 チラシを出すということは多くのお客様にアピールすることになりますから、客数を上げるという
効果になります。
ですからサービスの質が下がりやすいという危険もはらんでいるわけですから注意が必要なのです。
顧客満足度が落ちると必然的に客数も減ることになりますが、価格とサービスのバランスが
重要になってくるのです。
あなたの売りたいものは価格、提供できるサービスのバランスが取れているでしょうか。
このバランスが崩れると売上は落ち込んでしまいます。
意外と接客、サービス業を行っている人は自分が買い物をするときに質の低い接客をうけるとかなり敏感に
反応すると思います。
自分がおこなっているお店で価格とサービスがバランスが良いかというこは客観的に見て見れば
わかるのではないでしょうか。
妥協しないバランス以上の広告チラシなどもを提供できればおのずと売上は上がって行きますね。

チラシの変化

広告 チラシは消費者にとっては、今でも何かの商品を買う時に必要な物ではないでしょうか。
インターネットが発達してネットでいろいろなものが買えるようになりました。
スーパーに買い物に行かなくてもネットで注文すれば届けてくれるという時代です。

ほしいものはほとんどがネットで買えると言っても過言ではないと思います。
そんな時代でもやっぱり実際のお店は無くなりませんよね。
それはネットだとやっぱり写真でしか見ることが出来ないために、実際に実物を見て触っ
て見て買いたいという欲求があるからだと思います。

ですからチラシを見て、実際にお店に行って、商品を見てから確かめて買うという行動が
買い物をしたという満足感を得ることになり、広告 チラシもなくならない要素のひとつ
なのではないでしょうか。

もちろんネットの発達とともにネットチラシというものも出回ってきています。
スマートフォン、タブレッド端末が発売され普及してきたことによって、紙でのチラシが
減少する可能性はあります。
新聞の情報もネットで配信されて、そこにチラシも一緒に配信されるようなことになるか
もしれませんし、チラシが単独で配信されるようになるかもしれません。
これからどう変わっていくにしてもチラシという概念はなくなりませんね。

訪問営業と広告チラシ

広告チラシの反応率について以前に書きましたが、最近は敬遠される傾向にあるためか少
ない訪問営業の反応率は1%ほどと言われています。
100軒まわって1件獲得できる計算ですね。
しかしながら昔から悪質な訪問販売や強引な手法で勧誘するということがあるため、ドア
を開ける人が少ないそうです。
この100軒というのは、話を聞いてくれる人が100人いたら1件獲得できるという数
字ですので、そういった営業の人はかなり足を使って営業しなければならないことになり
ます。

また、100分の1の確率なので100軒回って1件も取れないこともあります。

逆に10軒ですぐに1件とれてしまうこともあるでしょう。

要は確率論になるので、途中で嫌になってしまう営業マンも多いのではないでしょうか。
それだけの労力をかけて営業するよりも、部数を多くして新聞折込などでチラシを撒いた
方が労働対価は高くなることが多いこともあって、広告チラシが人気になるわけです。
もちろん訪問営業から顧客を掴んで、誠実に接していると紹介でさらに顧客が増えること
もあるので、訪問営業が割にあわないとは言いきれませんけどね。
中には口下手だけど保険のトップセールスマンと言う方もいます。
その方は訪問営業ですが、手書きのチラシを持って説明するそうです。

リフォーム業者のチラシ

広告チラシでマンションに住んでいるせいかポストにはよくリフォームのチラシが入って
きます。
現在リフォームを行う業者はかなりの数があるようで、大手から町の工務店といったとこ
ろまでがリフォームを手掛けていますよね。
中には怪しいリフォーム業者も存在するようでトラブルになるなんてこともあるようです。
リフォーム業者は500万円未満の工事を請け負う場合であれば建設業の許可が必要ない
ことからリフォームでのトラブルが起こったりもするのです。
この点だけは注意しておきたいですよね。
チラシの話に戻って、ほとんどの広告チラシはリフォームがこんなに安く出来ますといった

ように安いことをアピールしています。
リフォームの場合は前回もちょっと書いたように高額商品です。
高額商品を売るということは価格で訴求してはいけないということでしたよね。
そして見積もり無料で即日伺いますといった電話をすれば見積もりにすぐに伺いますとい
った内容も書かれています。
出来れば高額商品なので見積もりではなく、もっとこんなふうにしたいであるとかそれま
での過程を楽しみたいということもあるはずです。
すぐに見積もりを出すということはすぐに何をどのようにするか決めないといけないとい
う急かしたような文句に聞こえてしまいますね。

高額商品でやってはいけないこと

広告チラシを行う場合にマンションやリフォーム工事などといった高額な商品のチラシもありますよね。
もちろん高額な物は他にも多く存在します。
自動車であったり宝石類、着物なども高額な商品になるのではないでしょうか。
こういった高額な商品のチラシでやってはいけないことがあります。
それは大幅な値引きを行って安売りをイメージさせる行為です。
例えば宝石が50%OFFで売られていたとしたらどうでしょう。
本物なのか疑いたくなりませんか?
もしくはもともとの定価が相当おかしいか、相当な金額を50%OFFではないときに利益として
販売していたのかということになりますよね。
定価が本当だとしたら、今までに買ったお客様はあからさまに自分が買った宝石の価値が低いような
気持ちにもなってしまいますね。
ですから、こういった高額商品は価格をアピールするにしても控え目な値引きであったり
集客だけを考えて作る必要があります。
高額商品が極端な値引きをしてしまうと不審に思われたりしてしまいます。
広告チラシを出しただけマイナスのイメージを持たれてしまうこともありますので、このような方法は
やってはいけない行為なのです。
高額であることをアピールすることが、一番の宣伝効果になるかもしれませんね。

見て貰いたいチラシ

広告チラシをつくるときにとにかく見て貰いたいと考える人は多いことでしょう。
ひとの印象は最初の数秒で決まってしまいます。
ました広告があふれているこの時代では、消費者は毎日のように取捨選別しているのです。
ものの数秒で捨てられてしまうチラシとじっくり見て貰えるチラシの違いはなんでしょうか。
それは見る人の目を惹くチラシであったりします。
チラシが入っていれば、瞬間的にはそのとき興味味がなくても見るものです。
そこで目を惹くものであれば、そのチラシに興味をよせ中身を見て貰える可能性が高まります。
では、興味を惹くにはどうしたらいいでしょうか。
デザイン性が高いというのは、広告があふれている状況では他も綺麗なデザインのものが多くあります。
デザインで言えば紙の形をまったく変えるという手段もあります。
例えば星型、ハート型にするという手段ですが、これは現実問題コストが高くなってしまい難しいと思います。
難しい反面、他はあまりそういったことをしていないので、目立つ要素になるのはたしかです。
しかし無理なコストをかけるのではなく、文字の大きさ、特にキャッチコピーを大きく表示してみるので
はどうでしょうか。
そのキャッチコピーも出来れば、商品を連想させるものではなく、なんの広告チラシだろうと考える
コピーが良いかもしれませんね。