アイドマの法則

今回は売れるチラシ広告の基本としてマーケティングの勉強をしていきましょう。
”マーケティング”と聞くと、少し敷居の高い、難しいことだと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。結構身近なことを扱ってるので分かりやすいと思いますよ。

今回はマーケティングのおける消費者購買モデルの一つ『アイドマの法則』についてご紹介します。

[アイドマ(AIDMA)の法則]
お店を経営している方なら一度はお聞きになったことがあるんじゃないでしょうか。アイドマの法則とは、”Attention(注意)”→”Interest(関心)”→”Desire(欲求)”→”Memory(記憶)”→”Action(行動)”の頭文字を取った「消費行動」の仮説モデルです。

ちょっと難しそうなので、お客さんが新商品を購入するまでの流れを追いかけてみましょう。

1.テレビで新商品のCMが流れているのを見る(注意)
2.いつも買っている雑誌で新商品のレビューを読む(興味、関心)
3.欲しいと感じる(欲求)
4.様々な広告媒体で新商品を目にする(記憶)
5.新商品を買っちゃう(行動)

大体上記のような流れで新商品を購入するという仮説がアイドマの法則です。皆さんにも心当たりはありませんか。何度もCMを見るうちにその商品が欲しくなって、朝刊の折り込みチラシで割引セールされていたから、購入したっていう経験、誰でもあると思います。

まさにこのアイドマの法則の4番目と5番目の役割を担うのがチラシ広告だというわけですね。