見て貰いたいチラシ

広告チラシをつくるときにとにかく見て貰いたいと考える人は多いことでしょう。
ひとの印象は最初の数秒で決まってしまいます。
ました広告があふれているこの時代では、消費者は毎日のように取捨選別しているのです。
ものの数秒で捨てられてしまうチラシとじっくり見て貰えるチラシの違いはなんでしょうか。
それは見る人の目を惹くチラシであったりします。
チラシが入っていれば、瞬間的にはそのとき興味味がなくても見るものです。
そこで目を惹くものであれば、そのチラシに興味をよせ中身を見て貰える可能性が高まります。
では、興味を惹くにはどうしたらいいでしょうか。
デザイン性が高いというのは、広告があふれている状況では他も綺麗なデザインのものが多くあります。
デザインで言えば紙の形をまったく変えるという手段もあります。
例えば星型、ハート型にするという手段ですが、これは現実問題コストが高くなってしまい難しいと思います。
難しい反面、他はあまりそういったことをしていないので、目立つ要素になるのはたしかです。
しかし無理なコストをかけるのではなく、文字の大きさ、特にキャッチコピーを大きく表示してみるので
はどうでしょうか。
そのキャッチコピーも出来れば、商品を連想させるものではなく、なんの広告チラシだろうと考える
コピーが良いかもしれませんね。