チラシ広告の費用対効果

チラシ広告は比較的導入しやすい広告媒体です。テレビや新聞などのマスメディアを使った広告に比べると、ケタが一桁二桁小さくすみますしね。でも広告を比べる場合、費用だけでなく効果も比べないといけませんよね。

・・・それでは広告の効果って何だと思います?

[広告の効果とは?]
何をもって成果とするかは広告主さんによって違ってくると思います。モノを売っている方なら、ずばりモノが売れた個数が成果でしょうし、イベント開催している方なら集客数が成果になると思います。

それでは、新規店舗開店の際のチラシ広告の成果ってなんでしょうか。分かりやすくするために新しく美容室をオープンする場合を考えてみましょう。

オープン日時に合わせてチラシ広告を打つ場合、10万円の費用をかけて地元有力紙に折り込みチラシ、駅前での手配りチラシ、近隣住宅街にポスティングを入れたとしましょう。配ったチラシは10,000枚です。

客単価を5,000円と見積もって粗利を10%と考えます。チラシ広告の費用をペイするためには。。。

(計算式) 100,000円 ÷ 500円 = 200人

10,000枚撒いて200人の来店というと、2%ということになりますが、チラシ広告の一般的な反応率は0.01%程度(!)だということを考えると、奇跡でも起こらない限り無理な数字ですね。

チラシ広告の成果は来店促進ということもありますが、それだけを成果にしてしまうと、とてもとてもペイしないということもおわかりいただけると思います。