目立つことをやろう

広告 チラシで特に新聞折込で配布する場合には、とにかく目立つということを考えるこ
とも必要です。
新聞折込の場合は数多くのチラシが同時に入りますから、その中で目立つことも大事だと
いうことです。
目立つ色を使うなども大事ですね。

また、紙の厚さを変えてみるなども手触りなどで目立つことが出来ます。
もちろん紙を厚くするということは、その分費用もかかりますから費用に対して効果がど
の程度あがったのかを検証することが大事です。
とにかく目立つことを考えて店舗外装の色を派手にするところもあるくらいです。

目立つということはそれだけ色々な人の目にとまる可能性が高くなります。
目に留まることが多ければ、記憶にも残りやすくそれだけで宣伝効果があるとも言えるわ
けですね。
どうやって差別化を図るのかというのは広告 チラシでも重要です。
目立たせることで差別化を図るということです。

もちろん目立たせる要素というのは色であったり、デザイン、形など様々な要素があります。
どんな方法でも良いので目立つことを行ってみましょう。
もちろん新聞折込ではなくても目立たせるということは大事ですね。
ポスティングにしても、目立たせることで手に取った人が興味を示してくれやすくなります。