赤字覚悟の危険性

広告 チラシを使って売上を上げる場合に、商品価格を安くするほど反応は良くなります。
赤字覚悟で商品の値段を下げれば下げるほど、お客様からは魅力的な価格に見えますから
値段によっては行列が出来るほど集客できるかもしれません。

もちろん価格を下げていけば行くほど利益は減り、ある地点からは赤字になってしまいます。
他に赤字で売っても良いメリットがあるのであれば、そういった戦略を取るのも悪いとは
言いません。

開店セールなどで、認知度をあげたいというような場合や会員制度などがあり、会員の囲
い込みが出来るなど、のちのちの宣伝効果を期待するというようなことも考えることが出
来ますから、そういった戦略もありえることでしょう。

しかし、何もそういったものがなく、集客さえすれば他の商品が売れて利益が出るだろう
と考えると失敗する場合があります。
安いものだけを求めてくる人が多く来た場合、通常価格では買ってくれる客層ではなく、
その商品だけを購入して終わりということになってしまいます。

そして混雑したせいで、普通の人は嫌気がさしてしまい次に繋がらないなども考えられる
からです。
広告 チラシを使ってクーポンや目玉商品を考える場合に、注意しておきたい点ですね。