見て貰ってなんぼ

広告 チラシというのは、100人、1000人のうち1人が反応してくれればいい方だ
と思います。
もちろん業種や商品の金額などにもよって変わってくると思いますが、どれだけ多くの人
に見て貰えるかで勝負が決まるとも言えます。

当然それは広告 チラシに限ったことではなく、広告全般に言えることです。
多くの人の目に触れるということが大事な要素になってきます。
テレビCM、ラジオCM、雑誌広告、新聞広告、折込チラシ、ネット広告どれをとっても
見て貰える人が多くなければ意味がありません。
ですからテレビ局は視聴率を気にしながら番組を作っていくわけです。
当然広告を出す側も多くの人に見て貰えるからこそ、高いお金を払ってでもスポンサーに
なるわけですね。

もちろんお店構えも重要な広告になりえます。
そのお店の前を人が通るときに見るわけですから、見た印象なども少なからず残っている
と思います。
中にはそういった効果も考えてお店の外観を派手な色にする会社もあるくらいです。

ただし、お店の外観というのは、地域によっては条例である程度規制されていることもあ
りますので注意しましょう。
あまり派手すぎるものは規制されたりするところもあるようですので。