ラーメン屋さんに例えると

あそこの醤油ラーメンは美味しい、でも塩はいまいちだよね。
というふうに発言する人は何度かそのお店に行ったことがある人の発言ですよね。
醤油ラーメンは下手をすれば何回も食べたことがあり、塩ラーメンはせいぜい1、2回程
度かもしれません。

ラーメン屋さんというのは、今は数多くありますから選択肢は他のお店でもいいわけです。
ですから最初来店したときに塩ラーメンを食べていたとしたらどうでしょう。
美味しくないと感じて、もしかしたら次の来店は無かったかもしれませんね。

たまたま入ったお店で、お店の一番美味しいラーメンを注文するとは限りませんから、何
度も通ってくれる確率は最初の段階でも決まってしまうこともあります。
もの言わぬお店というのは、こういう状況を作りだしている可能性もあることを考えましょう。

もちろんこういった話はラーメン屋さんだけで言えることではありませんね。
広告 チラシというのは一番訴えたいことを、メインに書くことが大事です。
うちは醤油ラーメンが一番美味しいということを、宣伝することも大事だということです。

もちろん醤油ラーメン以外を来店して注文した場合には、フォローすることも必要です。
醤油ラーメンの割引クーポンを渡すなど、次回来店を促す工夫も必要になってきます。
広告 チラシにつけた割引クーポンで集客するのではなく、一番の売りを見逃した人に対
したフォローの為のクーポンというのが、次回来店を促すための工夫になるわけです。