広告チラシを書くさいの流れ

広告 チラシを作る時にどんなことを考えて作成しているでしょうか。

広告で商品をずらっと並べたチラシというのもありますが、そういったカタログ的なチラ
シを作れるのは多くの商品を扱っていて、尚且つ、価格で勝負できるものが多数ある場合
はそういったチラシを作るのも良いかと思います。
電器屋さん、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなど小売店に多い方法ですね。

そういうものを販売しているのではなく、ひとつの商品やサービスを売りたい場合という
ときは、その商品について熱く語るようなチラシを作ることが多いと思います。
もちろん熱く語るといっても、どんな効果があるのか、どんなメリットがあるのか、使っ
た、使っている人の感想はなど書く内容もだいたいは決まってきますね。

そういった時に、どういう流れで書いて行くのが良いのかなどを考えたことはあるでしょ
うか。

まずポイントとなる部分を書くことから始めます。
ポイントとなることを最初に書くことでひきつける効果が生まれるわけです。
次に理由を書く、ポイントでひきつけて理由を書くことで、なるほどと思って貰うわけで
す。
そして理由に対して説得力を増すために、具体的な例を書きます。
具体例があることで理由の部分が、なるほどから納得に変わるわけです。
最後にもう一度ポイントを、違った表現などに変えるなどして書きます。
これが最後の駄目押しとなるわけです。

広告 チラシを作るときに是非参考にしてみて下さい。