文章をこだわってみましょう

今回は広告 チラシの文章について書いてみたいと思います。
文章はキャッチコピーなどが大事になってきます。
キャッチコピーでひきつけて、本文を読んでもらうという流れになると思います。
ですからキャッチコピーは重要な要素になってきます。
キャッチコピーを書くときにいろいろ気を付けて貰いたいこととして、表現を具体的にす
るということです。

例えばですが、新鮮という言葉がありますが、新鮮というのだけではどれくらい新鮮なの
かということが想像し難いですよね。
新鮮なんだろうけど、その根拠はどこにあるのかということを入れてあげると、より想像
しやすくなるのではないでしょうか。

例えば朝摘みという言葉が入れば朝に採れたてということで、かなりの新鮮さが伝わって
くると思います。
具体的にすることで新鮮さが際立つようになるわけですね。
他にも表現はいろいろあると思います。
具体的な表現をこころがけることでまったキャッチコピーの印象がかわってきます。

こういう考え方でキャッチコピーなどを考えてみてはいかがでしょうか。
もちろん文章が違うだけでまったく広告 チラシの効果も変わってきます。
せっかくお金をかけて作るチラシですから、中身を洗練させてみましょう。