広告チラシの配布方法

広告 チラシはどうやって配るのが効果が高いかということはいつも考えているのではないでしょうか。

エリアを変えて見たり、新聞折込だけでなくポスティング業者を使ったり、フリーペーパーを使ったりといろいろ考えているかと思います。
いろいろ効果を考えて行っている方は、使い分けが出来ているのではないでしょうか。

ターゲットを考えるとおのずとどんな配布方法が良いのか考えることが出来ます。
若い方の場合で一人暮らしなどの場合には、新聞折込では届かない可能性が高いですよね。
新聞は昔と違って、購読数が減ってきている為に特に若い方は新聞を購読していない可能性が高くなります。
そうなると可能性で考えるのであればフリーペーパーやポスティングのほうが手元に届きやすいとも言えます。

しかしながらフリーペーパーやポスティングはポストに直接入れられることから、すぐに邪魔扱いされて捨てられる可能性もあるので、高齢な方などをターゲットにする場合には新聞折込が向いているといえるでしょう。

このように考えると使い分けも出来てくると思います。
広告 チラシを作っても最終的にはその情報が欲しい人に届かなければ意味がありません。
配布方法にもこだわってみることが大事ですね。

アイドマの法則

今回は売れるチラシ広告の基本としてマーケティングの勉強をしていきましょう。
”マーケティング”と聞くと、少し敷居の高い、難しいことだと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。結構身近なことを扱ってるので分かりやすいと思いますよ。

今回はマーケティングのおける消費者購買モデルの一つ『アイドマの法則』についてご紹介します。

[アイドマ(AIDMA)の法則]
お店を経営している方なら一度はお聞きになったことがあるんじゃないでしょうか。アイドマの法則とは、”Attention(注意)”→”Interest(関心)”→”Desire(欲求)”→”Memory(記憶)”→”Action(行動)”の頭文字を取った「消費行動」の仮説モデルです。

ちょっと難しそうなので、お客さんが新商品を購入するまでの流れを追いかけてみましょう。

1.テレビで新商品のCMが流れているのを見る(注意)
2.いつも買っている雑誌で新商品のレビューを読む(興味、関心)
3.欲しいと感じる(欲求)
4.様々な広告媒体で新商品を目にする(記憶)
5.新商品を買っちゃう(行動)

大体上記のような流れで新商品を購入するという仮説がアイドマの法則です。皆さんにも心当たりはありませんか。何度もCMを見るうちにその商品が欲しくなって、朝刊の折り込みチラシで割引セールされていたから、購入したっていう経験、誰でもあると思います。

まさにこのアイドマの法則の4番目と5番目の役割を担うのがチラシ広告だというわけですね。

他のチラシとの差別化

いきなり『差別化』なんて使っちゃいましたが、大丈夫ですよね?
簡単にいえば、どれだけ他のチラシと違ったものに出来るかってことです。同じような、似たようなチラシを作っても消費者に見てもらえませんから、如何に他のチラシと違ったものにできるかは大切なポイントです。

[差別化のポイント]
チラシ広告に限った話ではありませんが、巷には広告が溢れています。テレビCM、ラジオCM、雑誌の広告、ネットの広告、もちろん大量に折り込まれるチラシも広告です。

これだけ世の中に広告が溢れていると、消費者は広告に対してマヒしている状態です。ミエミエの売り込みや安易なキャッチコピーにはもう反応しなくなっているのです。特にチラシ広告の場合、他のチラシとの差別化を意識しすぎて、”特別セール!”や”〇〇様限定!”、”今すぐゲット!”などのキャッチコピーを大きな文字を原色で彩ったものが少なくありません。

しかし、当の消費者のほうは手馴れたものでそういった謳い文句には目もくれず、中味をしっかりと吟味しているのが現実です。派手なキャッチコピーは差別化のポイントではなく、単なるインパクトでしかないのです。

そこで大切になるのが、差別化のポイントをどこに置くかということです。

写真?カラー?プレゼント?違います。チラシ広告を見る人にとって何がメリットかということを差別化のポイントにおくのです。他店との違いは何か?このチラシ広告を見てどのようなメリットがあるのか?ということを全面に出していかなければなりません。