信頼を築くことが大事

それぞれにいろいろな戦略があるのだと感心したのですが、テレビでとある政治家さんが
当選するための秘訣みたいなことをおっしゃっていました。
政治家というのはいろいろと規制あって直筆などでないものは年賀状すら出してはいけな
いそうです。
大量に候補者に年賀状を配れるのは、お金がある人が有利になってしまうからという論理
だそうですが、たしかにチラシなどの宣伝も大量にお金がある大手企業のほうが有利です
よね。

チェーン展開している企業であれば大量に注文することで広告チラシの単価も安くするこ
とが出来ますから、そのぶん小さいところは不利になってしまいます。
公正な立場という面では政治家のそういったことも理解できますよね。

その方は応援してくれている有権者のお葬式にはかかさず行くようにしているのだそうです。
お葬式って基本呼ばれていくようなものではないですから、秘書などが調べてなるべく行
くようにしているのだそうです。
こういった積み重ねが支持される要因になってくるわけですね。

結局のところ有権者も人間ですからそういったことから信頼を築き上げていくことが大事
だということですね。
広告チラシも同じで、段階的にでも信頼を築いていくことが大事ですね。

人が人を呼ぶ

どこも時期的に広告 チラシを多く準備している時期ですよね。
本当に必要なときというのはこういった時期に多くの広告 チラシを投入することが大事
ですよね。

行列が並んでいると人は売れているお店だと錯覚します。
また、昔のコンビニは人が店内に多くいることを外に見せるために、本のコーナーを外か
ら見える位置に置いて、お客さんで賑わっているというように見せる工夫をしていました。

人がいるところには人が来るようになる効果が産まれます。
逆に言えば誰も人がいないところには入りにくい感じがしますよね。
人が入りやすい時期でもありますから、そこでチラシなどを使って集客することで効果が
倍加しやすいと言えるわけです。
人が人を呼び、売上にも大きな影響が出てくるということです。

お店が開店するときに多くの人を呼び込むために赤字覚悟のセールなどをしたりすること
で、あのお店は多くの人で賑わっているお店だと思って貰えるようにもなり、その後の集
客にも影響が出てくるというわけです。

人を呼び込むことが売上アップには重要な要素になりますから、どうやって呼び込むのか
を戦略的に考えることが重要ですね。
ただし、赤字覚悟というのは長続きしませんから、他のことを考えた方が良いかもしれま
せんよ。

目立つことをやろう

広告 チラシで特に新聞折込で配布する場合には、とにかく目立つということを考えるこ
とも必要です。
新聞折込の場合は数多くのチラシが同時に入りますから、その中で目立つことも大事だと
いうことです。
目立つ色を使うなども大事ですね。

また、紙の厚さを変えてみるなども手触りなどで目立つことが出来ます。
もちろん紙を厚くするということは、その分費用もかかりますから費用に対して効果がど
の程度あがったのかを検証することが大事です。
とにかく目立つことを考えて店舗外装の色を派手にするところもあるくらいです。

目立つということはそれだけ色々な人の目にとまる可能性が高くなります。
目に留まることが多ければ、記憶にも残りやすくそれだけで宣伝効果があるとも言えるわ
けですね。
どうやって差別化を図るのかというのは広告 チラシでも重要です。
目立たせることで差別化を図るということです。

もちろん目立たせる要素というのは色であったり、デザイン、形など様々な要素があります。
どんな方法でも良いので目立つことを行ってみましょう。
もちろん新聞折込ではなくても目立たせるということは大事ですね。
ポスティングにしても、目立たせることで手に取った人が興味を示してくれやすくなります。

赤字覚悟の危険性

広告 チラシを使って売上を上げる場合に、商品価格を安くするほど反応は良くなります。
赤字覚悟で商品の値段を下げれば下げるほど、お客様からは魅力的な価格に見えますから
値段によっては行列が出来るほど集客できるかもしれません。

もちろん価格を下げていけば行くほど利益は減り、ある地点からは赤字になってしまいます。
他に赤字で売っても良いメリットがあるのであれば、そういった戦略を取るのも悪いとは
言いません。

開店セールなどで、認知度をあげたいというような場合や会員制度などがあり、会員の囲
い込みが出来るなど、のちのちの宣伝効果を期待するというようなことも考えることが出
来ますから、そういった戦略もありえることでしょう。

しかし、何もそういったものがなく、集客さえすれば他の商品が売れて利益が出るだろう
と考えると失敗する場合があります。
安いものだけを求めてくる人が多く来た場合、通常価格では買ってくれる客層ではなく、
その商品だけを購入して終わりということになってしまいます。

そして混雑したせいで、普通の人は嫌気がさしてしまい次に繋がらないなども考えられる
からです。
広告 チラシを使ってクーポンや目玉商品を考える場合に、注意しておきたい点ですね。

広告チラシの性格

広告 チラシというのは直接多くの情報を宣伝出来ることから、かなり使えるものだと思
います。
今はネットなどの広告も主流になりつつありますが、ネット広告の場合には自分から訪れ
るという行為が必要になりますから、訪れるほうからしたら手間がかかるということもあ
ります。

もちろん自ら訪れてくれるということは購買意欲が高い場合も多く、購買に繋がる率とし
ては当然高くなりのでかけた費用に対して効果は高くなることもあります。
しかし、もともと買う気がある人が訪れるわけですから、チラシとは性格がだいぶかわる
広告宣伝の方法とも言えます。

広告 チラシの場合にはこちら側から届けますので、キャッチコピーや商品の紹介などで
うまく興味をひければ購買につなげられるケースも少なからずあります。
チラシというのは広告の中でも積極的に売るために使われるツールとも言えます。

もちろんまったく興味がない人にとっては、どんなに良い言葉を並び立てて魅力ある宣伝
をしても意味がありませんが、それでも自分から宣伝するということは、後々必要だと思
った時、もしくは知り合いが欲しいという言葉を発したときになど、会話のひとつとして
こんなところがあったというふうに宣伝してくれる可能性もあるわけです。

どう思うのか考えることが出来ない

ほんの些細なことだと思っていたのか、最近立て続けに起きているのが従業員による冷凍
庫などに寝そべったり、商品の食べ物を使った悪ふざけなどがネット上などで出ています。
これは食品に関することですので、それを購入する人のことがまったく頭の片隅にもない
状態であり、これをしたらどう思われるだろうと考える能力がないのかもしれません。

広告 チラシでも顧客のことを考えながら作るということは大事なことですが、こういっ
た感覚の人が万が一広告を作ろうと思ったとしたら、相手のことを考えることが出来ない
以上ただ単に自分の主張だけを述べた広告 チラシが出来上がってしまうのではないでし
ょうか。

こういうことをやった人が損害賠償などで会社から多額の金額を払わされるということも
あると思います。
もちろん解雇されるということもあるでしょう。
自分では些細なことだと思っていた。
こんな大事になるとは思ってもいなかったというのが本人たちが言っているようですが、
食品に対して清潔な状態を保つというのはかなり重要なことですから、非常に残念な出来
事ですよね。

中には、お店自体を閉店したところもありますから、かなり大変な出来事であることを認
識しなければなりませんね。

チャンスですか?繁忙期

夏といえば繁忙期のお盆がありますね。
こういった時期こそ広告 チラシというのは必要になってきます。
一番お金を使いたくなる時期だからこそ、集客を怠ってしまうと売上も見込めなくなって
しまいます。

ほんの一瞬の時期を逃したばかりに競合店に顧客を囲い込まれてしまうなどもありますか
ら、ビジネスというのは油断できません。
繁忙期というのはそういった危険もはらんでいるわけですから、気を抜くわけには行きま
せんね。
もちろんお盆期間などは、場所によっては帰省客などが多かったりなどで、固定客になる
のが少ない場合もあります。

しかし、イメージというのは凄く大事になってきます。
例えば広告 チラシでせっかく集客したにもかかわらず、クレームが起きるような接客な
どをしてしまえばイメージが悪くなってしまいます。
それは帰省した先の親戚などにも吹聴されることでしょう。
もしかしたら、その親戚は既存で利用していた人だったかもしれませんね。

繁忙期というのは集客もしやすいですが、こういったトラブルもありえるのです。
忙しさのあまり接客が行き届かないということもあるわけですね。
だからといって集客をしないわけには行きません。
ですから、忙しくてもきちんと対応できる状態を準備しておくことも大事なのです。

集客と売上

広告 チラシというのは宣伝するためのツールです。
どちらかというと宣伝は集客をするために行うことが多いのではないでしょうか。

集客して、実際に来店してもらって物を買って貰うという流れになると思います。
言うなれば広告 チラシだけで売上があがるわけではなく、実際に来店して貰って売上が
あがるわけです。

もちろん通販のように来店を省略しているものもあります。
当然その場合には圧倒的な数のチラシを使っていたりしますから、チラシからそのまま売
上をあげることも可能だったりもします。

実際には物を見てから買いたいと思う人が多いのが実情です。
中にはネットなどで買うけど、実際の店舗に出向いて物を見てからネットで注文するなん
て人もいるくらいで、ちょっとした問題にもなっていますよね。

来店して物を買うということは、欲しい商品以外も目に入ることになりますから、別の商
品も売れる可能性を秘めています。
その為には、お店は最高の状態を演出しなければなりません。
見やすい商品配置であったり、分かり易い説明なども求められてきます。

集客をするとともに、お店のパフォーマンスも最大にすることが大事なのです。
パフォーマンスが悪いと二度と来てくれないお客様を生んでしまうこともあるので注意が
必要ですね。

タイミングが分からない

広告 チラシというのは時期というの非常に大事な要素です。
チラシを配布するタイミングが大事だということです。
今は別に欲しいと思っている人がいなくても、欲しいと思う時がいずれくる可能性があり
ますから、その時のタイミングで手元に広告 チラシがあるということで売れるチラシに
なるのです。
しかし、そのタイミングというのは人それぞれ違ったりもしますから、タイミングの見極
めというのは難しいのです。
だから何度も同じ、似たようなチラシを配布するわけです。
何度も何度も同じ人に配布するというのは、このタイミングが分からないためということ
もあるのです。
宅配ピザのチラシは何度も何度もポストに投函されますが、ピザを食べたいと思うタイミ
ングが分からないからということでもあるのです。
そのタイミングにうまく合致することで注文が来るというわけです。
また、中にはいずれ頼むかもしれないということで取っておいてくれる人もいますから、
多くの枚数を配布することで、そういった人にも配布することが出来たりするのです。
言うなれば数を打つというのは、そういった戦略を考えてのことでもあるのです。
また、繁忙期などには多くの人が財布の紐が緩む時期でもあるので、欲しいと思う人が増
える時期でもあるのです。

インパクトが欲しい

広告 チラシを使うときには、効果が欲しいですよね。
どれだけの効果があがるかは、様々な要因が絡んできますから必ず効果がありますとは言
えませんが、いろいろなテクニックを駆使することによって、効果が高いであろうチラシ
を作ることが出来ます。

一番は見やすさを追求することが私は大事だと思います。
また、買いたい、欲しい、入会したいなど、どれだけその方が思うことが出来るかという
のが大事だと思います。

この時期はいろいろなことを始めたりする時期ですから、チラシで宣伝することは非常に
大事ですよね。
特に入会するようなクラブ、習い事などは新年度が一番の勝負になっていると思います。

私のところにも多くのチラシが入ってきているのが勝負を頑張っていると思わせてくれます。
ただ使い回しも多いのかもしれません。
なんとなくいつも見るようなことしか書かれていない気がします。
それでは魅力を感じずに、いつでもいいやと思われてしまいます。
入会金無料ですよなどは、最近では見飽きてきているような気もします。
もう少し割引以外の付加価値というのもあっても良いのではないかと思うこともあります。

広告 チラシをせっかく使うわけですから、もう少しインパクトを持たせることも必要だ
と思います。